香水はどこにつけるのが正解?正しい場所と失敗しないために知っておくべきこと

香水をつける場所といえば手首を思い出す人も多いですが、実はつける場所によって香りの変化が楽しめます。しかし香水をつけるのにはあまり向かない場所もあるのをご存知ですか?香水を身体のどこにつけたら魅力的に香るのか、自分が求めている香りになるのか学んでいきましょう。香水の種類や適量、香水をつけるときのマナーなども一緒にご紹介していきます。


香水は大きくわけると4種類


香水をつける前に知っておきたいのが香水の種類。香水は種類によって持続時間が違うのです。
大きくわけるとオーデコロン・オードトワレ・オードパルファン、パルファンの4つ。香料の濃度の違いによって分けられます。どのくらい持続時間が違うのか、1つずつ見ていきましょう。

オーデコロン

オーデコロンの濃度は2~5%で、持続時間は短く1~2時間ほどです。
強い香りが苦手だけど香水にチャレンジしてみたいという人にもおすすめ。お風呂上りにリフレッシュしたい、寝る前に香りでリラックスしたいという人にも人気です。

オードトワレ

オードトワレの濃度は5~10%で、持続時間は2~4時間。
ほのかに香らせることができるので香水初心者におすすめのタイプです。
長い時間香りを持続したいという人は持ち歩き重ねづけが必要ですが、つけすぎると香りが強くなるので気をつけましょう。

オードパルファン

オードパルファンの濃度は10~15%で、持続時間は3~5時間。
強めの香りがいい、何度も香水をつけたくない、持ち歩きたくないという人はオードパルファンを選ぶといいでしょう。

パルファン

パルファンは濃度が15~30%のため香りも強く、持続時間は5~7時間と長めです。
濃厚で価格も少し上がります。スプレータイプではなく、1滴だけ落とすといった使い方が主流です。
パルファンは日本ではあまり取り扱いがなく、購入できるお店が限られています。

香水はどこにつければいい?


香水は男性でも女性でも太い血管が通っている場所につけるのがおすすめ。体温が高い場所につけることで香りを広げることができるからです。
実際にどのような場所につけるといいのかくわしく見ていきましょう。

強く香らせたいときはうなじや手首に


自分でも香りを楽しみたい、強めに香らせたいというときは、香水を上半身につけるのがおすすめです。
定番なのは手首。よく動かす部分なので自分も周りにも強く香りを強く感じさせる部分でもあります。そのためつけすぎには注意。
うなじや首筋は太い血管が通っており、体温も高い部分のため香りがよく広がります。首回りにつけるときは直接香水をプッシュするのではなく、一度手首や指などにとって軽くトントンと叩くようにつけましょう。
耳の後ろはつけてはいけない場所ではありませんが、かなり香りを強く感じることがあるので、食事の邪魔をすることもあるため、つけるときは少なめにするといいかもしれませんね。
他にも肩やひじの内側なども香水をつけるのに適しています。

香りを抑えたいときはひざ裏や足首に


一般的に下半身につけるとほんのりと香らせることができます。ビジネスシーンで香水をつけたいときや、香水初心者におすすめの場所です。
ひざ裏や足首、太ももなどにつけて、ふわっといい香りをまとってみましょう。
ただし、太ももなどはデリケートなため、敏感肌の人はかぶれることもありますので注意が必要です。
身体全体からふんわりと香らせたいときは、脇腹など腰につけるのもありですよ。

香水の正しいつけ方は?

香水の種類やつける場所がわかりましたが、つけ方や適量も知っておかないとせっかくの香りが台無しになってしまいます。
失敗しないために知っておきたい正しいつけ方を学んでおきましょう。

香水は清潔な身体につける


香水には消臭効果はありません。そのためニオイ消しとして使うのはやめましょう。
香水はお風呂上りやシャワーを浴びた後など清潔な身体につけてこそ、力を発揮してくれます。
同じ香水でもつける人によって香りが違うのは体臭のせいです。そのため汗などで嫌なニオイを発している身体に香水を使っても、いい香りにはならないので気をつけましょう。
汗のニオイを抑えたいときはデオドラントスプレーを使うのがおすすめです。香水をつけたいときは無香料のデオドラントスプレーを使用するといいでしょう。

香水は肌から20~30センチ離してプッシュ


香水をつけるときは肌から20~30センチ離してプッシュするようにしましょう。
近すぎるとつけすぎてしまう原因になるからです。
どこの場所につけるときも少し離して香水をつけるようにしてくださいね。

香水の適量は1ヵ所1プッシュで2~3ヵ所

香水の適量は種類にもよりますが、オードトワレやオードパルファン1ヵ所には1プッシュで、2~3ヵ所につけるのが基本です。
オーデコロンは濃度が低いので2~3プッシュつけてもOK。逆にパルファンは濃度が高く香りが強いので1滴で充分です。
香水に慣れてくると自分では香りが弱く感じてしまうことがありますが、周りには充分に香っているため、少し物足りないくらいがちょうどいいですよ。

香水をつけたらこすらない


香水をつけるとよく手首などをこすり合わせている人がいますが、実はどこにつけるときもこするように香水をつけるのはNG。
こすることで香りの粒子がつぶれてしまい、本来の香りを発揮できず、長持ちしなくなってしまう可能性があるのです。

香水をつけてはいけない場所は?

絶対に香水をつけてはいけないという場所はありませんが、できれば避けたいのが汗をかく場所。
脇や足の裏などは汗をかきやすく、汗のニオイと香水がまざってしまう可能性があるため香水をつけるのはやめましょう。
また、香水にはアルコールが入っているため、髪の毛にはつけない方が無難です。キューティクルを傷めてしまう可能性があります。

香水をつけるタイミングは?香水は香りが変化するの?

香水はつけるタイミングも重要。なぜなら香水はつけてからずっと同じ香りではなく、トップノート・ミドルノート・ラストノートと3段階に変化するからなのです。
最初はトップノート。10~30分ほど香りが持続し、揮発性の高い香りが多いので、匂いを強く感じることもあります。フルーツやハーブなどの香りが使われることが多く、シトラス系やベリー系、ピーチなどの香水が主流です。
トップノートのあとに現れるのが香水の主役の香りともいえるミドルノート。1~2時間続き、一番香りのバランスがいいのが特徴です。
最後はラストノート。こちらは香水をつけてから2~3時間後に現れます。ほのかに香るのが特徴で、ムスクやバニラなどの深みのある香りが多いです。

出かける30分前がベスト

先述で記載したとおり、香水の主役はミドルノート。つまり出かける30分ほど前に香水をつけるのがおすすめです。
また香水をつけ足す場合は、香水の持続時間が経過してからにしましょう。つける量を多くしても持続時間は変わりません。

外出先でつけるときは周りに気をつけて

香水を外でつけるときは狭い場所は避け、周りに人がいないところを選びましょう。
トップノートは強い香りを発することもあるため、周りの迷惑になることもあります。人に会う30分前につけたいと思っても、公共交通機関などで香水をプッシュするのはやめましょう。
つけすぎたときにすぐに対処できない場所は選ばない方がいいため、トイレなどでつけるのがおすすめです。トイレであればつけすぎたときにすぐに洗い流すことができますし、近距離に人がいるのも避けられるので安心ですね。

香水をつけてはいけないシーンは?

香水が禁止と書かれている施設はほとんどありませんが、香水をつけるときはTPOを守らなくてはなりません。あなたが好きな香りが、全員が好きな香りではないからです。
一般的に香水をつけない方がいいのは、食事のシーン。
パートナーとの食事や大切な商談の際は、気合を入れて香水をつけていきたい気持ちになりますが、食事の香りを楽しむ際に、邪魔になることがあります。
またコーヒーの香りにこだわっているカフェなどにも、強い香水はつけていかない方がいいでしょう。
葬儀や法事などのシーンも香水は避けた方が無難。他にも病院に行くときも香水はつけない方がいいでしょう。妊婦さんなどニオイに敏感な人もいますし、体調が悪い人がいるわけですから強い香りは迷惑です。

香水は天気によっても香りが変化する

香水はつける場所でも香りが変化しますが、天気によっても変わるのです。
湿度が高いときは香りを甘く感じやすく、湿度が低く乾燥しているときはフレッシュな香りを感じやすくなります。
いつも香りが持続してくれないという人は、肌が乾燥している可能性も。普段からボディケアにも力をいれ、保湿をするようにしましょう。
雨の日は香りを重く感じやすいため、柑橘系やグリーン系の爽やかな香りにするのがおすすめです。逆にバニラやムスクなど甘い香りは避けた方がいいでしょう。

まとめ


香水はつける場所が決まってはいませんが、魅力的に香らせるためにおすすめの場所があります。自分も周りも心地よい香りが楽しめる場所を探してみるといいですよ。
香水を選ぶときは種類をチェックして持続時間を理解し、つけるタイミングも考慮しましょう。購入する前に必ずテスターで香水をつけてみて一日過ごしてから選ぶと失敗しません。
また香水はつけるのを避けた方がいいシーンもあるので、恥ずかしい思いをしないようにマナーをしっかり守って、上品に香りをまといましょう。