香水は何プッシュが最適?正しいつけ方のポイントと注意点を解説!

メイクやファッションも大切ですが、「香り」も自分を主張することができる大切なアイテムです。男性も女性も自分だけのお気に入りの香水を見つけて、気持ちを高めたり、リラックスさせたり、ときには魅力的な香りで周りも穏やかな気持ちにさせたいと思いますよね。今回は、香水は何プッシュが最適なのか、どこにつければいいのか、どうやって選べばいいのかなど、正しい香水の使い方をくわしくご紹介します。



香水は種類によって持続時間が違う

香水は1種類ではなく、種類によって持続時間が違うのです
香水の種類は大きくわけると4種類。香料の濃度によって種類が変わります。香水を購入する前に、持続時間の違いを覚えておきましょう。

オーデコロン

オーデコロンは持続時間が短く1~2時間ほどです。
オーデやオードは水という意味があり、オーデコロンは香料の濃度が低いので、強い香りが苦手という人にもおすすめ。お風呂上りにリフレッシュしたい、寝る前に香りでリラックスしたいという人にも人気です。

オードトワレ

オードトワレの持続時間は2~4時間。
香りも軽やかで持続時間もちょうどいいので、香水初心者におすすめのタイプです。
一日中香りを楽しみたいという人は、持ち歩き重ねづけが必要になります。

オードパルファン

オードパルファンの持続時間は3~5時間。
強めの香りがいい、何度も香水をつけたくない、持ち歩きたくないという人はオードパルファンを選ぶといいでしょう。

パルファン

パルファンは香りも強く持続時間は5~7時間と長めで、濃厚なので1滴でも香りが楽しめる香水です。
パルファンは日本ではあまり取り扱いがなく、購入できるお店が限られています。

香水はずっと同じ香りではない


香水はトップノート・ミドルノート・ラストノートと3段階に香りが変わります。
「つけ始めは香りが強くてびっくりしたけど、しばらくしたら馴染んできた」という経験がある人もいるのでは?それは香水の香りが変化しているからだったのです。
最初の10~30分くらいはトップノート。揮発性が高く、香水に含まれるアルコールが飛んでいないため香りを強く感じることもあります。フルーツやハーブなどの香りが使われることが多く、シトラス系やベリー系、ピーチなどの香水が主流です。
トップノートのあとに1~2時間続くのがミドルノート。一番香りのバランスがよく、香水はミドルノートが主役です。
最後はラストノート。こちらは香水をつけてから2~3時間後に現れます。ほのかに香るのが特徴で、ムスクやバニラなどの深みのある香りが多いです。

香水を選ぶときのポイント

香水の種類や香りの特徴がわかったところで、自分に合う香水を見つけるコツをご紹介します。

ムエット(試香紙)だけではなく身体でもテスターを試そう

ムエット(試香紙)だけでテスターを試していい香りだと思っても、自分の体臭と混ざったときに好みの香りではなくなる可能性があります。
香水を購入するときは、まずテスターをプッシュ後1~2時間経ったムエット(試香紙)でミドルノートを確認し、気に入ったものは実際に身体につけて一日過ごしてみてから購入すると失敗が少ないですよ。


一度に何種類もつけない


香水の購入を検討するときは、何種類もつけてしまうと香りが混ざってしまい、鼻もマヒしてしまうのでよくわからなくなってしまいます。
できれば1種類ずつ試すことをおすすめしますが、何度も店頭に足を運ぶことが難しいという人は、左手首と右手首などにわけて2種類ずつ試してみるといいでしょう。


香水はどこにつける?

香水は自分の求めている香りによってつける場所が変わってきます。
男性でも女性でも香水は体温が高くなる場所につけると香りが広がるといわれていますが、魅力的に香らせるにはどこにつければいいのでしょうか?実は香水をつけてはいけない場所もあるのです。

香りを強く出したいときは上半身に

香りをしっかりと出したいときは、手首や首筋、ひじの内側などにつけるのがおすすめです。
首筋に香水をつけるときは、直接プッシュすると顔にかかってしまう可能性があるので、手首などにつけてから、首筋に軽く叩くようにつけるといいですよ。

ふんわり香らせたいときは下半身に


上半身よりは柔らかい香り方になりますが、香りは下から上に上がっていく性質があるので下半身につけるのもおすすめです。
ふんわりと香らせたいときは足首やひざの裏がいいでしょう。自分で強めの香りを楽しみたいけど、周りに迷惑をかけたくないというときは腰回りにつけると、ほどよく香ってくれます。

香水をつけてはいけない場所もある?


香水を絶対につけてはいけないという場所はないですが、できれば避けた方がいい部分がいくつかあります。
香水をつけるのを避けた方がいい部分は、ずばり汗をかきやすい場所。汗と香水のニオイが混ざると嫌なニオイになってしまう可能性があるため、脇や足の裏などは避けた方がいいでしょう。
デコルテ部分も汗をかきやすい場所のため、できれば暑い季節は避けた方が無難です。
また香水にはアルコールが含まれているため、髪の毛につけるとダメージになるので気をつけましょう。

香水の適量は何プッシュ?


香水は先ほどご紹介のとおり濃度によって持続時間が違いますが、たくさんつけたからといって持続時間が長くなるわけではありません。つけすぎは周りの人の迷惑になる可能性もあるので危険です。
オーデコロンは香りが弱いので、2~3プッシュしてもいいですが、他は1ヵ所1プッシュで、2~3ヵ所につけると覚えておきましょう。
とくに長く愛用している香水の場合、自分では香りに慣れ親しんでいるので、たくさんつけてしまうことがあるので注意しなくてはなりません。少し物足りないかな?くらいが周りからしてみるとちょうどいいのです。
香水をつけるときは身体から20~30センチ離してプッシュするようにしましょう。

香水をつけるタイミングは?

香水は出かける30分前くらいにつけるのがベストです。
トップノートはフレッシュな香りでいいですが香りが強いので、香水の主役であるミドルノートが香り始める時間に出かけられるのがちょうどいいといわれています。
香水の香りを一日中持続させたいならつけ足しが必要です。先ほどご説明したとおり香水は持続時間がすぎると香りが消えてしまいます。香水をつけ足す場合は香りの持続時間が終わってからがおすすめです。
また、外でつけるときは周りにたくさんの人がいる場所や、エレベーターや車など狭い空間で香水をプッシュするのはやめましょう。香りが苦手な人にとっては迷惑になるからです。
お手洗いなどメイク直しのタイミングで行うといいですよ。

香水の間違ったつけ方

香水はとてもいい香りで癒されますし、ときにはあなたの魅力を最大限に引き出してくれる武器ともいえますが、間違ったつけ方をしてしまうと周りの迷惑になったり、「常識がない」と思われてしまったりするため気をつけなくてはなりません。
大人のたしなみともいえるTPOを守るために、香水の間違ったつけ方をチェックしておきましょう。

ニオイを消すために香水をつけるのはNG


香水は清潔な身体につけるものです。香水にはニオイを消したり、抑えたりする消臭効果はありません。
香水は体臭と混ざることで同じ香水でも人それぞれ香りが変わります。つまり汗をかいた不潔な身体から出ている体臭と香りが混ざると、ニオイを消すどころかさらに不快なものへと変えてしまうのです。
香水はシャワーを浴びたあとやお風呂上りなど綺麗な身体につけましょう。
シャワーを浴びたあとなど清潔な身体でも、どうしても汗のニオイが気になる、消したいというのであれば、無香料の制汗剤などを使用してから香水をつけるようにするといいですよ。

香水は服にはつけない

肌が弱いからといった理由で、香水を服につける人がいますが、シミになってしまい取れなくなる可能性もあるので気をつけましょう。
また本来香水は肌に直接つけることで香りを楽しむものです。服に香りをつけたいというときは柔軟剤や服専用のものを選びましょう。
お気に入りの香水を肌にはつけることができない、でもどうしても香りが気に入っているのでつけたいというときは、ハンカチやストールなどの布に吹き付けて持つようにするのがおすすめです。ただしハンカチやストールでもシミになりやすいシルクなどの生地に香水をつけるのは避けましょう。

食事のときは香水の香りが邪魔になることも


男性も女性もパートナーとのディナーや、ビジネスシーンでも接待などで高級なレストランに行くときは、お気に入りの香水をつけていきたいと考えることもあるでしょう。
しかし、香水の香りは料理の邪魔をすることもあります。どうしても食事のシーンでつけていきたいというのであれば、ほのかに香る場所にひかえめな量をつけるようにしましょう。

香水をつけすぎてしまったときはどうする?


香水をつけすぎてしまい香りが強いなと感じるときは、つけた直後であれば流水で洗い流せば簡単に抑えることができます。石けんを使いよく洗えばふんわりと香る程度までに落ち着きますよ。
腰やひざの裏など洗い流せない部分につけてしまい、シャワーを浴びる時間がないというときは、アルコールを含んだウェットティッシュで拭き取ればOK。香水と一緒にウェットティッシュがあれば外出先でつけすぎてしまったときも助かりますね。

まとめ

香水は1ヵ所に1プッシュ、2~3ヵ所につけるのが基本です。つけすぎてしまうと自分はよくても周りの人に迷惑がかかるので注意しましょう。
香水には種類もあり、持続時間も違うので購入する前に確認するのがポイント。
いつも魅力的な香りをまとった人になるには、つける場所を変えたり、ときには香水をつけないという選択をしたり、TPOを考えながら香水を使いましょう。